無職の行動記録について

無職の雑文です @yasutsura

金融・保険は、やめとけよ

未だに金融業界ってのは人気みたいです。

某就活サイトでの、大学生への就職希望人気ランキングを覗いてみたところ、

第3位 ANA

第2位 三菱東京UFJ銀行(名称変わるんだっけか)

第1位 みずほフィナンシャルグループ

とのこと。

金融機関は知名度も高いし、安定しているイメージもあるので、何も知らない大学生であれば、なんとなーく志望先として頭に浮かぶし、なんとなーく受験してみよっかなーって気にもなりますよね。

上記はメガバンクですが、地元就職を考えている大学生であれば、まず真っ先に思い浮かぶのは地元の第一、第二地銀辺りだと思われます。

また、既卒の人や転職を考えている人でも地元金融機関の中途採用を調べてみたりする人は少なくないでしょう。

私自身、わずかな期間でしたが金融機関に勤めた経験のある身としては、なんでこんなに人気あるのか不思議でならなかったりします。

そもそも適性無いのに、新卒で金融選んだのが間違いだったんですけどね。

まず、金融・保険・証券、どの業界でも共通することなんですが、同業他社と扱っている商品に大差は無いです。

預金・融資の金利は大差無いですし、特に保証協会付ならどこ使っても一緒ですし。

また、私の元・勤め先では扱っていませんでしたが、近年はどこの銀行でも投資信託や各種保険を扱うのが当然です。大手の銀行は他業界にもガンガン食い込んでシェアを広げていくのが当たり前となっています。

どこの金融機関でも似たような商品を扱っているってことは、渉外営業担当者個人のスキルに業績の良し悪しがとっても左右されやすいです。

優秀な渉外担当者であれば、金融・証券・保険などどこの業界に行っても安定して成績を上げることができます。

事実、当時の先輩にも保険屋から引き抜きの話があったり、保険屋に転職した別の先輩がそちらでも優秀な成績を上げている、なんて事例は数多くありました。

逆に成績が悪いと目も当てられない状況になっちゃいますけどね。私がそうでした。

基本的に、体育会系の縦社会ですし、目標=ノルマの未達者は厳しく詰められますよね。

幸いにも、私はそんなに厳しく詰める上司と一緒になったことはありませんでした。ですが、持ち前の豆腐メンタルのために毎朝吐いて仕事中も吐いて、全く仕事できなかったので早々に辞めましたけど。

とりあえず思い出せるのはクレカとかカードローンの件数ですかね。一人辺り〇〇件、みたく獲得件数が決まってて

新人でも窓口担当でもそれは変わらないので、窓口で取れなかったら親兄弟親戚友人と元々あるツテを総動員させるのは当然となってますし。

当然ツテだけじゃ足りないですし、窓口で勧誘するんですけど年寄りしか来ないんで、年齢上限引っかかるし。

渉外営業担当者のが獲得しやすいかもしんないですけど、外回っても年寄りしかいないから作れないことも多々ありますし、そもそも内勤よりずっと多く目標設定されてるからいくら取っても足りなかったり。

それでも大手の地銀より取扱商品が少ない=要求される目標も少ないんで微温い環境には違いなかったとは思います。

カーネギーの本で見た保険屋さんの話によると、

保険外交員の9割は1年以内に辞めていくんだとか。

戦前のアメリカの話ですけど現代の日本と大差ないなぁって思います。

金融・保険は確かに土日休めて高給取りで残業も少ないかもしれませんが、それは結果を残せる一握りの話。

比較的雇用も多く、保険代理店は常に人員募集してる会社も少なくないですが、それだけキツくて辞める人が多い。

全国的に地銀の統廃合が進んでいますし、フィンテックなど金融業界の技術革新も進むことで、簡単な事務処理といったような業界内での人間のやる仕事はどんどん少なくなっていきます。

ロボットがフロント応対するホテルがあるくらいですし、ロボットが窓口応対する銀行が出てきてもなんら不思議はありません。

なので、ますます結果を残せる=稼げる人間しか業界に残っていられなくなるのは必然でしょう。

時代や環境は悪化の一途を辿ることとなりますし、お薦めできる職業ではありません。

金融・保険は、やめとけよ。

それでも金融を志す若人達に、祝福が与えられますよう。

アスペは「格言」見ない方が良い

書店に行くと、ありとあらゆるビジネス、自己啓発本が平積みにされています。

仕事に悩んでいる人、うまくいかない人はいつの時代も大勢いて、だからこそ本に載っている言葉に頼りたくなってしまうのでしょう。

私もそうですが、ネットでの評判を見たり、立ち読みして良さげだと思ったらついつい衝動買いしてしまう方は少なくないのでは。

よくよく考えたら、たかだか千円ちょっとの本に書いてある言葉で仕事の悩みがスカッと全部解決するわけが無いんですけどね。

そういうビジネス本を買っちゃう人って大抵仕事できないコミュ障社会不適合者なんじゃないかなって思います。

仕事できる人はうまく、そして素早くコミュニケーションとって仕事すすめちゃいますし、悩みの解消法だって既に心得てるでしょうし。

今まで見たことのある仕事できる人は大概そうでした。

自分を含め、仕事できないコミュ障はアスペ傾向も強いですし。

言葉通りの意味しか受け取れなくて、頭がガチガチで柔軟性が無く、気が利かないので仕事に必要な工夫ができません。思い込みが強く、思考が極端で物事を0か100かでしかとらえられなかったり。

そんな人間が下手にビジネス本を読んで、下手に「格言」に触れて刺激されるとロクなことになりません。

例えば「前後裁断」という言葉。

野村克也氏によると、一瞬一瞬に生命をかけ燃焼しつくす、過去と未来は断ち切って今日に全てを注ぎ込む、というような意味なんだそう。

似たような格言は古今東西、たくさん存在しています。

松岡修造氏は「後ろを見るな!前も見るな!今を見ろ!」

カーネギー『道は開ける』では、「今日一日という一区切りを生き、来ていない未来のことで気を揉んだりしないこと」。

大槻班長も「今日をがんばった者……今日をがんばり始めた者にのみ……明日は来るんだよ…!」とのこと。

要は「一所懸命」。

これだけあちこちで言われれば、この真理こそが人生の全てであり必勝法なのでは、とすら思えてきます。

けど、どんな仕事も計画って物がありますよね。

数週間後、数ヶ月後、年度末決算、あるいは数年後に向けて。

これって未来のこと考えて仕事しろってことですよね。未来の実績であったり、未来の数字を念頭に仕事しなきゃいけないんですよね。

なんかおかしくねぇ?

こんな風に、アスペな人は考えちゃうんじゃないでしょうか。実際、私そうですし。

古今東西の成功者は、今日だとか今一瞬に集中し先を考えるなと言っている。けど現実は常に先を見ないといけない。

こんなことが物凄い矛盾に思えて来て、くだらないジレンマに心を蝕まれそうになります。

頭の固いアスペな人はいくら本を読んで、素晴らしい格言を摂取したところで現実に応用が利かないんで時間と金の無駄だったりして。

それどころか変に役立たない情報を入れすぎて頭でっかちで偉そうに見られたりするから、デメリットにしかならないのでは。

いくら立派な言葉を知ってても、現実に役立たせないとなぁ。

イニシャルコスト言いたいだけ

何か新しい物事を始めようと思ったら、必ず考慮することになるのがイニシャルコスト=初期投資ですよね。

趣味、新生活、仕事、どんなことを始めるにせよ、とにかく何らかの形でイニシャルコストってのはかかってきます。

イニシャルコストが少ないor無い活動を挙げてみるとしたらどんなことでしょうか。

趣味の分野であれば、絵を描く、筋トレあたりでしょうか。

絵を描くにしたってデジタルでやるならペンタブとそれなりのソフトが必要でしょうし、そもそもPCが必要なんだから必然的に紙と絵具でってことになりますね。

そこらの鉛筆やボールペンと適当な紙の裏とかに描いてりゃ一番安上がりなんでしょうけど、本当に上達したいと思ったら紙やペンにもそれなりの金額はかかってきそうです。

筋トレするにしたって、よっぽど意識の高い人でなかったら自分一人でただ自室で鍛えるってのはなかなか続かないですよね。

筋肉をつける、体力をつける、目的はどっちにしたって、例えばプロテインが必要になったりダンベルが必要だったり、靴やジャージも既に持っているものだけではダメだったり。

能動的なアクティビティにはコストが付き物です。

悪い言い方をすれば、金が無かったらこの社会では何かを始めることすらできないってことになってしまいます。

企業でいうなら、自己資本他人資本が必要です。

他人資本=借金なので、借りたら利息をつけて返さなければいけない。

元々お金が無い人は、元々お金を持っている人より多くイニシャルコストが必要になってしまいます。

しかも、返済が必要=借りて得たコストでそれ以上のお金を稼ぐか、別から用立てて来なければいけません。

当然ですけど。

他人資本で物事を始めて、それでお金が稼げればそれに越したことはないです。

けどそうはならないことの方が多いですよね。

私は未だに両親の庇護の下、実家暮らしでニートなんで、借金しながら、返済に追われて仕事や生活をするって経験がありません。

金融機関に勤務してた時、上司に言われてお試し感覚でカードローンの借り入れしてみたくらいです。

その時ですら利息の金額に驚いたんで、返済の負担を抱えて生活することの大変さがわかってないんですよね。

自己資本が無い程他人資本に頼らなければいけないって窮屈。

甘やかされてるニートの分際でナメたこと書けないですけど、自己資本が無い人こそ様々な面で初期投資がかかるアクティビティを必要としているものですよね。

ランニングコストはしょうがないとして、イニシャルコストの負担を減らせるような仕組みをもっと……

だから薄っぺらいって思われてんだろうな。

逃げ出した先に楽園なんてありゃしねェのさ

いつ読んでも心臓を貫かれるような思いをさせられる

ガッツの名言ですね。

逃げ出した先にあるのは……やっぱり戦場だ(うろ覚え)と続きます。

人間はこの世に生まれ落ちた以上、あらゆる戦場、闘争、競争から逃れられないのでしょう。

現代人であればその相手は、同業他社だったり、上司だったり、取引先だったり、同僚だったり、家族だったり、はたまた自分だったり。

私の場合、「社会」という途轍もなく巨大で強力で不気味で得体の知れない存在を敵だと認識していた気がします。

結果、再起不能な重傷を勝手に受けて、勝手に逃げ出して怯えているのが現状といっても過言ではありません。

誰のせいでもなく自分のせいです。

先週からポケモンGOではイースターイベントが行われました。

経験値常時2倍、2kmタマゴからいつもと違うポケモンが孵化する、といったところが目玉でしたね。

主旨としてはとにかく動いてタマゴを孵化しまくれ、といったものでしょう。

確かに2kmタマゴから普段出るはずのないラプラスが産まれました。

タマゴ孵化しまくれ、という割にしあわせタマゴは半額セールで孵化装置はお値段据え置きなのが憎いところ。

この1週間、時間がある日中はひたすらタマゴ孵化のため市内を歩き回ったりしていました。

1日約3時間、多い日は6時間でしょうか。

スマホの充電を考えると、携帯バッテリー込みでも最大6時間が限界でした。

経験値もたくさんゲットしてレベルも上がりました。

図鑑も埋まりました。

毎日下半身の筋肉痛にも悩まされ、普段はやらないストレッチを朝晩入念に行いました。

入浴時は冷水シャワーを浴びて浴槽に浸かる、を交互に繰り返す簡易的な交互浴を行い脚の筋疲労を残さないようにしました。

運動音痴で運動嫌いな自分にとってはポケモンGOは運動するためのいいきっかけです。

でもポケモンGOは所詮ゲームなのです。

ポケモンGOを起動しながら、一歩一歩、歩みを増やすごとに、一歩一歩、現実から逃げていました。

将来のこと、これから就くべき仕事のこと、向かうべき資格試験のこと、結婚を見据えて付き合っているはずの恋人のこと、過保護で過干渉な両親との関わり方のこと、自立を求めながら結局自堕落に陥っている現在の自分のこと。

ポケモントレーナーとして生きていく才能も資格も自分には無いのだから。

トレーナーとしての歩みは程々にしつつ、再び「戦場」へ戻らなければならない刻は近づいています。

私はどうしようもなく凡人以下です。

精神安定剤に頼りながら戦場で傷つき、揉まれながらでしか生きていけないのです。

DQN、ヤンキーは真面目に働き、子を生み育てる

リア充DQN、オタク、真面目系クズ。

スクールカーストやそれを構成するネット発の用語が一般層にも広まって久しいこの頃。

主に中高生の時期に、早ければ小学生からクラス内に自然と形成されるスクールカースト

その中での所属や立ち振る舞いによって、その後の人生が左右されるケースも少なくないだろう。

カースト内での言動を間違えるとイジメの原因となって不登校になったり、トラウマを作ってしまい人間不信になったり。

社会に出る上で最低限必要な社会性やコミュニケーション能力を養うためには避けては通れないものの一つではないでしょうか。

私自身は正確には無趣味な真面目系クズだったのですが、オタクと一緒くたにされがちでしたしオタクグループに足をかけているような状態だったと記憶しているのが高校時代。

中学時代は思い出したくもないので割愛。

誰しもが通り、一家言あるスクールカーストですが、その中でも上位グループ、またはカースト外で集団化していたのがDQN、ヤンキーに属する方々だと思います。

騒いで授業を崩壊させたり、廊下で暴れまわったり、挙句校内で消火器を噴射させてみたり。

先生方は毎日のように手を焼いていて、悩みのタネだったはずです。

そんな彼等ですが、私の知る限りでは、大部分は中学や高校を卒業したあと真面目に働いているケースが多いなあと感じます。

20歳前後で妻を娶り、子を作り、(デキ婚も多々あるけど順番はどうあれ)家庭を持っていて偉いなあと感じます。

就いている仕事は大抵の場合肉体労働。大工、土建、塗装工、鳶職などなど、ブルーカラーでキツイ仕事が多いですよね。

その分、早いうちに一生食っていけるだけの技術を身につけて若くして独立している方も多いです。

地元でヤンチャしまくりで有名だった元ヤンキーが現在では建設業で独立し、立派な社長となっているケースをたまたま私は知っています。

冬場は巨大なローダーを操り、除雪も請け負っているのですが、私とほとんど変わらない年齢の元ヤンキーが華麗に除雪をこなし、完璧に「仕事」をこなす「社長」であるのだと思うと自分が情けなくなりました。

作業後、「またお願いします!!」と丁寧に挨拶する「社長」から昔のヤンチャな面影は微塵も感じられません。

元ヤンキーだから地声も大きいし、気持ちよく響くんですよね。

ほとんどか細い挨拶しかできない自分と比べて。

地元でブルーカラーな仕事に従事し、早くから家庭を持つ元ヤンキー達こそが本当に地域経済を支えているんだなあと感じます。

そんな元ヤンキー達が働いて納めた労働保険料から、失業手当をいただくだけの元オタク、真面目系クズな私なのでした。

お前友達いるの?

そう訊ねられて「いるよ」と即答できる人間っているのだろうか。

少なくとも即答できる人間とは友達になれない気がする。

そんな程度のことですら自信を持てない私、同じ問いをされたら「……んーそうすっねー……4,5人…」と曖昧に返事をする。

そもそも『友達』の定義づけってめちゃくちゃ難しくないですかね。

一緒に遊んだり行動を共にしてたからって相手から友達であると認められているわけじゃないケースだって多々あるし。

恋人関係であれば相互の承認、確認があって関係が始まるもの(大概の場合)だと思うんですが、特に男同士で「俺たち友達なろうぜ」「俺たち友達だよな」なんていう承認、確認作業は不自然だしほぼあり得ない。

というか気持ち悪くて嫌い。やりたくない。

こんな根本的な人嫌いな思考のためか社会人になってから同姓の同年代でのプライベートでの付き合いが滅多になくなりましたね。

昔、職場に同年代の人間がいたころ、趣味のクラブや草野球でプライベートも忙しくしている同僚の話をよく聞きましたがそういったこともなく。

働いていたころ、休日に人と会うといえば彼女以外ほとんど無かったです。今もだけど。

高校や学校卒業してからの友達付き合いが継続している、なんてケースもよく聞くけど都市伝説だと思ってるし。

社会人になってから新しく友達作るのって本当至難の技。

何度か挑戦して失敗して以降、無理して友達作るのはやめたけど。

昔、新卒で入った会社の同期が人として真っ当で明るく親しみやすい人間が多くて、1年目は休日の度にボウリングやりまくったりしてたなぁ。

ボウリング嫌いじゃないけど休日に同期と会うのが嫌だったわ。

普通、会社の同期って半分友達みたいなところあるのかもしんないけど自分はそう思えなかったし。

同期と顔合わせるだけで仕事気分にされるのが嫌だった。

自分一人だけポンコツで一緒くたにされるのが嫌だったし、一緒になるのはできれば避けたかった。

結局自分がキチンと人として、人と付き合おうとしなかっただけなんでしょうけどね、基本ぼっちなのは。

『友達』って本当にしんどいしめんどくさいなぁ。

無職 GO

無職にとって最高の遊びとは何でしょうか。

お金がかからない、長時間遊べる、不足しがちな運動にもなる、といった点でポケモンGOを私はお薦めしたいです。

というか昔からポケモンが大好きなので無職になってからというもの、日課としてタマゴ孵化させながらの徘徊を続けております。

正確には有職時でも徘徊はしてましたが。

ただ、私の住んでいるクソ田舎ではビードルやポッポばかり、ジョウトアプデ以降はイトマルレディバばかりしか出ないうえに、ポケストップも全国トップかな?って程の少なさ。

そのため、ちょくちょくポケモンが出やすくプレイヤー多数で常にルアモ大炎上状態な地域に遠征して様々な種類のポケモンと触れ合うことにしております。

遠征して交通費が嵩んでしまうのは「お金がかからない」条件に反してしまいますし、ソシャゲの課金のような感覚にもなってしまうのが痛いところではありますが。

一番好きなポケモンデンリュウなので、第2世代追加直後はまず真っ先にメリープを探したんですがこれがいないのなんのって。

グーグル先生によるとデンリュウ系統はバンギラス系統、カイリュー系統と同じくらいのレア度に設定されているようで簡単には見つからないし、育て上げるのも至難の技。

半分泣きそうになりました。

ナイアンティック何考えとるんじゃボケ!!!

勝手にデンリュウ神格化しとるんか!!!!

原作じゃワラワラメリープ草むらで出てきたろ!!

もっと親しみやすいヒツジさんやろ!!!!

「huum……コノ『メリープデンリュウ』トカイウpokemonハ、ドンナシヨウニスル?」

「ゴサンケトオナジデインジャネ?」

「Wait!……『デンリュウ』ハニホンゴデ『Electric Dragon』ダヨ!メッチャレアニシヨーゼ!!」

OK!!! That's good!!! Today's work have finished!!!

Let's eat PIZZA!!!」

「「「YEAHHHH!!!!!」」」

「I'll call to pizza store. …………Hi,please deliver to my office…」

みてーなクソ企画会議の後でクッチャクッチャピザ食ってんだろナイアンティックのエリートクリエイター様達はよう!!!!!

ロゴ気球、風船に穴空けて凋ませてやるからなクソ。

ポケモン「銀」「SS」ストーリープレイ時は必ずキキョウシティ下の草むらでメリープを捕まえてパーティに加えるのがマイジャスディスだったのに。

モココからレベル30で進化させて覚えるかみなりパンチで倒れぬ者はいなかったのに。

15年以上前の想い出がフツフツと蘇り、切なさで胸がいっぱいになりました。

ついでにワラワラ出現するウリムーでボックスはいっぱいになりました。

第2世代ジョウトポケモン追加の嬉しさとメリープに出会えない悲しさと愛しさと切なさと心強さを胸に過ごした約一ヶ月。

ついに……!

出会えました。

これからは相棒として毎日一緒に徘徊するのが楽しみです。

あと個人的にポケモンの探し方で思ったのが、お目当てのポケモンが近くにいるのがわかってるのに、探し回っても見つからない、そうこうしてるうちに消えちゃった、みたいなパターン。

あいつら平気で企業の私有地の敷地とかほっそい私道にポケモンGO上のマップを基準にして出現するから周辺探し回ってどうしてもって時には一度鳥瞰して行ってない部分が無いか、近いのに届いてないポケソースが無いか確認した方がいいと思った。

今日はドンファンを農道で捕まえたし、ケーシィは税務署の駐車場に浮いてたし。

みんなもポケモンGETだぜ!