読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の行動記録について

無職の雑文です @yasutsura

マネーいくらでも

青森市第三セクターが経営していた駅ビル、アウガ

今月一杯で1階〜4階までの商業テナントは全て撤退し、地下の市場と駐車場、5階から上の図書館に会議室やら何やらは存続の予定だとか。

撤退するテナントの一つに「ヴィレッジヴァンガード」がある。

他テナントはサンロードに移転します、〇〇移転予定です引き続きご愛顧のほど、などのお知らせの貼紙があるが、ヴィレヴァンについては移転予定無く完全閉店するとのことらしい。

青森駅前で好きな店といったらヴィレヴァン以外に思い浮かばなかった。

しかし、好きとか書くクセに此処で物を買った記憶はほとんど無い。

いや、興味本位で買ったデスソースがあったか……

ん?待て待て、あれはイオン下田のヴィレヴァンで買った気がする。

ヴィレヴァンなんて弘前でも下田でもどこにでもあるからアウガから撤退しても誰も困らないのかもしれない。

一目でヴィレヴァンだとわからせるポップや商品、配置のセンスが好きなので見かけるとついつい用は無くても入ってしまう。

カッコイイ雑貨や音楽CDもたくさん置いてあってヴィレヴァンで初めて知って気になったアーティストもたくさんいる。

流行に疎い方なので能面をつけて活動してたfactや→pia-no-jac←ヴィレヴァンの店頭でCDが置かれてて結構有名なバンドなんだと知った(バンドの存在は彼女がプレイしてたjubeatで知った)

地元でやってる仕事が嫌でたまらなくて吐き気を催したりすると、決まってどんな仕事なら勤まりそうか妄想に耽ったりしていたものだった。今もだけど。

決まって有力候補に上がって来るのはヴィレヴァンのバイトだった。

ポップの書き方で年下の先輩に何度もダメ出しされるんだろうなぁ、でも面白そうなものに囲まれて仕事できるのなら続けられそうかなぁ、なんて淡く薄っぺらい妄想に浸っていたものだった。

「バイトしながら一人暮らしなんて無理に決まってるじゃん」とは彼女の言。

今のご時世、時給いくらのフリーターが借りれるアパートなど存在しない。

実家暮らしの一人っ子でお坊っちゃま育ちの自分はあまりにも「社会」を知らな過ぎた。

テナントでもアパートでも 金払わなきゃ居続けられない。

自分が此処に居なくても誰も困らないから。