読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の行動記録について

無職の雑文です @yasutsura

僕は明日、去年の僕と無職になる

厳冬を耐え忍び、ついに掴み取った

1年ぶり2回目の栄光。

甲子園出場校の紹介ではなく、会社を退職するだけの話。

新卒から3年やった金融機関で吐き気から始まり対人恐怖症のようになり、診療科に通いつつ全てを投げ出す形で退職。

2ヶ月後、事務系ならイケるやろとあっさり再就職した先でミス連発からの納期遅延やらかしまくり始末書まで書き、比喩ではなく、毎日毎日上司からの叱責が続き根を上げてしまった(上司の方が)。

叱責する方が体力も使うし頭も疲れるのは自明の理。

自分はといえば、自宅で再び、あの吐き気と対人恐怖症が「よぉ久しぶり」といつの日からか親しげに接し始めた。

気づいたら、毎朝必ず出勤前には便器を抱え込み喉奥に人差し指を突っ込んで5分前に食べたパンとコーヒーと少しのフルーツを全て吐き戻す。そうしないとムカムカして気分が悪く、いつ嘔吐するか気になりっぱなしだった。

いつしか便器の中にブチ撒けたオレンジ色の吐瀉物が「行ってらっしゃい、気をつけて」と毎朝見送ってくるようにすら思えてきた。

だが「行ってらっしゃい」はコッチの台詞だと思いつつ便器のコルクを捻り、つい10分前まで焼きたてのトーストと温かいコーヒーだったゲル状物体を下水道へと見送った。

それがここ数カ月の出勤時の日課となっていた。

自分は社会人としては間違いなく最底辺の部類に位置する。

何の努力もせずにその場その場でただ、働かなければならないという意識だけで職についていたし、無能で仕事は全くできなかった。

仕事に支障が出るレベルで話が通じない、指示が抜け落ちるなどの真の「コミュニケーション障害」といってもいいと思う。

そんなこんなで働くこと、社会に出ることがすっかり怖くなり現在は、心療内科ドグマチールストラテラを処方してもらうことだけが唯一の救いとなっている。

はっきりとした診断は出ていないが、ADHDの疑いありそうだし。

そのうち心理検査があるとのことだ。

キチンと自分が定型なのか不定型なのか診断してくれるのはありがたいと思うしある意味楽しみでもある。

今宵は正社員として、真っ当な社会人として最後の夜になるのだろうか。