読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の行動記録について

無職の雑文です @yasutsura

天才に「最低限」必要なモノなどについて

先日、芦田愛菜が一日12時間勉強して名門私立中学に合格した、なんてニュースがありましたね。

10歳そこそこでそんな長時間勉強できるって本当に凄いことだし何より親御さんが、どんな言葉をかけ、どんな環境を与えてこられたのかが気になるところ。

案外、子役としてTVや映画の厳しい製作環境に適応してきたのだから12時間程度の勉強なんて屁でもなかったのかもしれませんね。

才気煥発な元天才子役とは対照的な、私こと自堕落な無職でございますが、最近はしたいことも特に無いので、とりあえず昔少しだけ囓った資格試験の勉強に手をつけたりしています。

小学生のクソガキができるなら自分も、と12時間机に囓りついてみようとしましたがダメでした。

元来、集中力が無く、大学受験の時ですら自ら設定した自習時間を守ることができず2時間程度が限界だったような気がします。

すぐ気が散るし、横にゴロ寝したくなるし。

そんな私ですが一昨日は4時間図書館に籠り、昨日は7時間図書館に籠り、自宅で30分机に向かうことができました!!!

人に誇れる内容じゃないけど。

一日12時間机に向かって勉強ができるっていうのは本当にそれだけで物凄い才能だと思います。

もちろん本人の資質あってこそですが、それができる環境も大事ですよね。

私も一日12時間机に向かおうと思ってみたものの、国保の切り替えで市役所に行ったり、雇用手当でハロワに行ったり、挙句に元職場から呼び出しがかかったりと無職のくせに雑事で日が暮れることもあります。

12時間勉強するためには特に環境面での親御さんのサポートが欠かせませんよね。

勉強とは変わりますが、元レッチリのギタリストのジョン・フルシアンテのインタビューを昔読んだ時以下のようなことを語っていました。
「15歳くらいの時は12〜15時間ギターを弾いていたね。一日30曲は作っていたかな(意訳)」

ANIMETALのメンバーで日本トップクラスの技術を持つメタル系ベーシスト、MASAKI氏は著書で以下のように語っています。
「筆者は楽器を始めた高校生の頃から、常にこれだけは負けないという何かを持ったプレイヤーを目指して練習してきた。(中略)当時1日に8〜10時間は練習していたね。」
(株リットーミュージック 地獄のメカニカルトレーニングフレーズ 著 MASAKI 2006年刊行 より引用)

「天才」と呼ばれ、世の中に名を馳せるような人は全て、その分野において若い内から1日12時間、いや、それ以上の努力を続けているのでしょう。

それが「最低限」必要な努力なのだと思います。

当然、「昨日15時間やったから今日はやんなくていっか」なんて低い志は持っていません。

「彼ら」は何を見て、何処を目指して、どんな気持ちで今日も励み続けるのでしょう。

無欲で無気力な無職には到底理解しかねる領域で歩み続けるのだと思います。